AXIS(アクシス)
書籍名 AXIS(アクシス)
書籍の説明 デザイン誌「AXIS」は1981年の創刊以来、「デザイン」をカタチとしてではなく、文化やコミュニケーション、ビジネスの一端を担うものとして考えています。プロダクトに限らず、建築、インテリア、ファッション、グラフィック、マルチメディアなど、あらゆる分野の情報を満載し大胆な分析と美しいレイアウトで伝え続けるデザイン誌です。和英両記で、海外の情報を日本へ、日本の情報を海外へと伝える、デザイン関係者およびプランナー必携のグローバル・デザイン・ジャーナルです。
価格 1800 円
出版社 アクシス
発売日 毎奇月1日
ランキング アクセス:784 位
セールス:793 位
いよいよやって来る、東京五輪。
アスリートたちのパフォーマンスとともに注目したいのが、そのデザインです。
国を挙げてのビッグイベントに、デザインはどう関わり、クリエイターは何を伝えようとしているのか?
五輪にまつわるデザインや、ものづくりに取り組む人たちの想いを通じて
Tokyo 2020の魅了をいち早く紹介します。
藤井 保が撮り下ろす、東京五輪
聖火リレートーチ、入賞メダルケース、新国立競技場、スポーツピクトグラムなど
デザイナー、建築家インタビュー
吉岡徳仁、隈 研吾など
クリエイターズ・オピニオン東京 2020 への期待
三澤 遥 (日本デザインセンター)、濱田明日香 (THERIACA)、
清水淳子 (Tokyo Graphic Recorder)、
高濱史子 (+ft+)、田向 潤 (CONNECTION) 、
廣川玉枝 (SOMA DESIGN)、松山祥樹 (Atelie Yoshiki Matsuyama)、
後藤映則 (アーティスト)、狩野佑真 (studio yumakano)、
大原大次郎 (omomma)
東京五輪にまつわるデザイン、早わかり年表
持続可能性を見据えた東京五輪のものづくり
アシックスが手がける日本代表選手団公式スポーツウェア、選手村ビレッジプラザなど
東京五輪から大阪万博へ、引き継がれるデザイン思想
●連載 田川欣哉のBTCトークジャム 谷尻 誠(SUPPOSE DESIGN OFFICE共同代表)
●連載 LEADERS ニール・ヒンディ(起業家)
●連載 Sci-Tech File 大石善隆(福井県立大学学術教養センター准教授)
and more…
●INSIGHT 緒方慎一郎がデザインした九谷焼錦山窯のギャラリー「嘸旦 -MUTAN-」
●INSIGHT アイビー・ロス(グーグル)がデザインする「感性を取り戻すためのテクノロジー」
●INSIGHT 現実はどこまで拡張されたのか? サーペンタイン・ギャラリー(ロンドン)のデジタル戦略