旬刊 経理情報
書籍名 旬刊 経理情報
書籍の説明 新制度・実務問題を・タイムリーに・わかりやすく・繰り返し何度も解説します!
「旬刊・経理情報」とは1973年の創刊以来、一貫して経理・税務・金融・証券・法務などの企業の実務担当者に必要な新制度・実務問題を、タイムリーに、わかりやすく取り上げてきた専門実務誌です。
一般的な多くのビジネス情報誌とは、専門性、記事の掘り下げ方、また信頼性を保証すべく厳選して配した執筆陣において格段の違いをもった専門情報誌です。
<特徴>
・旬の実務問題をタイムリーにかつ大胆に特集!
・制度改正をいち早く、わかりやすく解説!
・重要法令・会計基準等は試案の段階から動向をチェック!
・決算実務、株主総会実務も徹底対応!
・会計基準の新設・改正、重要法規等を見やすい別冊付録でお届け!
価格
出版社 中央経済社
発売日 毎月1,10,20日
ランキング アクセス:932 位
セールス:339 位
2020年2月1日増大号(通巻№1568)
◆特集
今4月開始事業年度から法人・消費・地方税が対象
電子申告義務化の直前対策
……真鍋 朝彦(税理士法人髙野総合会計事務所 公認会計士・税理士)
第1章
対象となる法人・書類、データの形式に注意
電子申告義務化の概要と実務上の留意点
第2章
決算書担当と税務申告書担当との連携が必須
電子申告のシステム対応・体制整備の留意点
第3章
様式の統一化で業務効率化やコスト削減が可能
電子申告を企業経営に活用するポイント
◆特別企画
今年の夏の繁忙期にどう対応するか
五輪期間中の経理業務を乗り切る方法
……那須 伸裕(PwCあらた有限責任監査法人 公認会計士)
第1章
昨年のGWとの違いは?
2020年夏のスケジュールの特徴
第2章
優先事項から逆算して考える
人材の確保に関する検討ポイント
第3章
在宅勤務やサテライトオフィス化
混雑回避に関する検討ポイント
第4章
五輪を業務改善の機会に
その他年次業務に関する検討ポイント
◆focus
注目集める自己適合宣言制度を活用しよう
内部通報制度の実効性を高める5つの見直しポイント
……関 秀忠(弁護士法人ほくと総合法律事務所 弁護士)
……福塚 侑也(のぞみ総合法律事務所 弁護士)
◆実務解説
2020年1月施行
CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)の概要と日本企業への影響
……松本 絢子(西村あさひ法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士)
……河合 優子(西村あさひ法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士)
◆Viewpoint
通常の法人税調査と同時に行われる体制へ
移転価格調査をめぐる最新動向と実務対策
……竹内 茂樹(EY税理士法人 税理士・米国公認会計士)
◆スポットライト 
三井物産のIFRS導入の経験と連結経営深化の取組み
【第5回・完】リース・開示全般
……小林 恭子(三井物産㈱ 経理部 決算統括室 兼
三井物産フィナンシャルマネジメント㈱ 連結決算業務部)
……中尾 浩一郎(三井物産㈱ 経理部 決算統括室)
……川本 純(三井物産㈱ 経理部 決算統括室)
……鈴木 道夫(三井物産フィナンシャルマネジメント㈱ 連結決算業務部)
◆徹底表解
日・米・IFRSの比較便覧
【第2回】財務諸表
……宍戸 純子(有限責任監査法人トーマツ 公認会計士)
……川口 桂子(有限責任監査法人トーマツ 公認会計士)
……牧野 めぐみ(有限責任監査法人トーマツ 米国公認会計士)
……栁下 直子(有限責任監査法人トーマツ 公認会計士)
◆ビジネス実務相談室
経理 持分法会計と減損会計の諸論点
法務 クローバック条項導入のポイントと各社の動向
◆談・論
監査等委員会設置会社の現状と課題
……後藤 敏文(公益社団法人日本監査役協会会長)
◆アナリストの眼
テレワークのメリットとデメリット
◆経理財務マネジャーのための英語力UP講座
【第7回】翻訳術
……星山 厚興
(リソース・グローバル・プロフェッショナル・ジャパン㈱ 税理士・公認内部監査人)
◆女性リーダーからあなたへ
【第35回】
日々成長~TRYの精神で~
……市川 香代
(㈱商船三井 執行役員(コーポレートコミュニケーション部、働き方改革、サステナビリティ推進担当))
◆inほんmation
『共同研究開発契約の法務』
……島並 良(神戸大学大学院 教授)
◆ランキング
週間ビジネス書ベストセラー
◆雑誌論文等の電子的利用についてのお願い
◆本誌の複写利用について