陶遊
書籍名 陶遊
書籍の説明 2000 年の創刊から「自ら創って愉しむ陶芸」をテーマに、毎号、日本の歳時や季節を意識した情報を取り上げ、写真解説による作り方をわかりやすく紹介しています。また国内外で活躍するプロ作家たちのインタビューや個展、公募展などの活動リポートのほか、陶芸教室拝見や作品発表会の紹介など、読者参加型の情報もお届けしています。さらに陶芸から派生する趣味生活を充足するライフスタイル情報もプラス。広がりのある陶芸ライフを楽しむための情報誌です。
価格 1296 円
出版社 エスプレス・メディア出版
発売日 毎偶月23日
ランキング アクセス:1078 位
セールス:625 位
◎巻頭特集 押したり、引っ掻いたり、貼り付けたり
装飾のいろいろ
身近な素材や陶芸道具でこんな模様ができました!
・ 撥水剤と藁刷毛で描く波文様
・ チョークと石ころのマチエール
・ 糸テープと下絵具で描く木の葉彩泥 
・ スプリングワイヤーで作る波目模様の板皿/波目松文皿
・ 植物の葉を押し写す六角皿
◎特集2 大人が魅了される
陶で創る乗り物の世界 
・ 男心をくすぐられる大人が楽しむオートバイの世界(取材協力 横尾聡)
・ 子どもの遊具づくりから広がった色彩豊かなミニカーの世界(取材協力 加守田太郎)
◎特別レポート 
現代の豊かな暮らしを彩る8作品が選出
第11 回「 香十 香皿デザインコンテスト 」受賞作品発表 
(取材協力/株式会社 香十天薫堂)
◎ 好評連載
・美味只是淡「浅葱の章」(日本料理・四四A2)
・Nature Photo World Vol.7 (写真・文/上鶴篤史)
・長江惣吉 曜変への道 最終回「感謝」(取材・文/古橋 尚)
・窯だ!行進曲 第十回 機械のように正確に(文/三崎哲郎) 
・あんなぁ〜 第7回  身近にあるアート「吉野檜の灯り」(取材協力/渡邊ちか子)
◎連載ハウツー
・初めての手びねり教室 第5回 釉掛けの基本(楽陶会 高橋隼哉)
・ 続 掛け分け・重ね掛け技法 
最終回 赤絵珈琲碗(火風鼎窯 池田訓江)
◎ 公募展リポート
第25回 日本陶芸展
第11回 ペアカップ展
◎読者サロン
第35回 ホンダ陶芸クラブ会員作品展<前編>
第26回 横浜いずみ陶芸学院卒業制作展
第21期生 寿大学陶芸科作品展