週刊トラベルジャーナル
書籍名 週刊トラベルジャーナル
書籍の説明 1964年に創刊した日本で最も実績のあるツーリズムビジネス専門誌です。政府が目標に掲げる、訪日外国人旅行者(インバウンド)3000万人時代と日本人海外旅行者(アウトバウンド)2000万人時代の到来を見据え、「ツーウェイツーリズム」発展へのソリューションを提供する媒体として情報発信に努めています。
コンテンツは、観光ビジネスを成功に導くための「経営戦略」と「国際観光」関連情報が大きな柱。そのほかにも、健康や税務知識、トラブル対策、”5分でわかるツーリズム”など、旅回りのコンテンツが充実しています。
価格 648 円
出版社 トラベルジャーナル
発売日 毎週月曜日
ランキング アクセス:706 位
セールス:666 位
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□
<編集長より>
 IR推進法が成立した昨年12月15日付の朝日新聞。読者投稿欄に73歳会社顧問の「皮肉な提案」が掲載されました。曰く、「カジノは外国人専用とし、これぞ『日本のカジノ』とうなるものに」「賭場もおなじみ丁半賭博や花札、スタッフはもろ肌脱ぎや刺青スタイル」。確かに日本版IRが目指す姿はシンガポール型でもラスベガス型でもないかもしれません。投稿は「国会に本気で取り上げられたら怖い」と結んでいましたが、制度設計を控えるこの時期に本気で特集「日本版IRを考える」は企画しました。
■□■□■□■□ 2月20日号の目次 ■□■□■□
【特集】
 *日本版IRを考える
  観光先進国へ目指すべき姿
 統合型リゾートの整備推進法がついに成立した。カジノの実現には、1年以内に国会に提出される実施法の整備を待つ必要があるが、いよいよ日本でもカジノを含む統合型リゾートの事業化や誘致の動きが本格的に動き出す。
 ▽動きだした自治体・企業
 ▽日本が目指すべき姿
  美原融(大阪商業大学総合経営学部教授)
  岡部智(電通ビジネス・クリエーション・センター レガシープロジェクトデザイン室IR・観光プロジェクト ディレクター)
  武内紀子(コングレ代表取締役社長)
 ▽セガサミーの戦略
———————————————————————
統計・資料
 *国・地域別訪日外国人客数
  渡航先別日本人訪問客数
注目のニュース
 サイエスト、視察ツアーで旅行業
 観光ビジョン達成へ予算大幅増
 東京都、20年に訪日消費2.7兆円
 11月の総取扱額1.7%減
誌上セミナー
 *ショッピングツーリズムABC
コラム
*視座 高岡謙二(ジャパンガイド取締役/エクスポート・ジャパン代表取締役)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
*ナベケン流インバウンドの教科書
 *ビジネスパーソンの日々雑感