月刊北國アクタス
書籍名 月刊北國アクタス
書籍の説明 「アクタス」が取り上げるのは、地域の政治、経済、社会、文化、教育、生活、スポーツ、レジャー、飲食、エンターテインメント、趣味、宗教、メディアと多岐にわたります。豊富なニュースやトピックス、時には新聞やテレビでは報道されないスクープや、事件の舞台裏が誌面を飾ります。
価格 780 円
出版社 北國新聞社
発売日 毎月20日
ランキング アクセス:3328 位
セールス:1910 位
夏休み読者プレゼント特集
いよいよ本格的な夏が到来しました。この季節におすすめの行楽スポットや美味しい店を紹介します。暑いときこそ、外に出てスポーツや買い物を楽しむも良し、美味しいものを食べ、温泉で一服するも良し。それぞれに読者プレゼントも付いています。素敵なプレゼントを心待ちにして、ぜひご応募ください。
特集
■高校生、スマホにはまって「もう大変」
ネットにゲーム、絵だけで「会話」
睡眠時間削り、授業中も 知らぬ間に「依存症」
バス停、駅、繁華街。至る所でスマートフォン(多機能携帯電話、略称スマホ)を手にした高校生の姿が目につく。ネットやゲーム、絵だけで「会話」ができる無料通信アプリまで用意され、ついはまってしまう生徒は多い。勉強や睡眠時間を削ってひたすら画面に向かい、当人も周囲も「もう大変」な状態に陥るケースも。学力への影響を心配する石川、富山の高校にすれば、いささか気がかりな夏休みである。
——————————————————————————–
■新幹線対策 夜の魅力にも磨き 首都圏客の心つかめ
石川「百万石の夜景」前面に 富山「近未来都市」を演出

北陸新幹線金沢開業で石川、富山両県は、首都圏から2時間余りの「日帰り圏」に入る。宿泊客の減少も懸念されるなか、これを食い止める鍵を握るのが「夜の観光」だ。金沢市が「百万石の夜景」を情緒豊かに際立たせる仕掛けを練れば、富山市は市内電車環状線沿線のライトアップなどによる「近未来都市」の演出で独自色を出す。首都圏客の心をつかもうと、競って夜の魅力に磨きを掛ける各地の取り組みを追った。
——————————————————————————–
■徹底分析 高校入試のプロに聞く
合否を分ける「記述問題」 教科別「書く力」の鍛え方

2013(平成25)年度、過去30年の最低平均点を記録した石川県の公立高校入試。平均点が下がった最大の要因は、記述問題の難化とされる。長年、全国の公立高校入試分析に携わってきた大手教材会社編集長の上野伸二氏によれば、「石川は記述の配点率、難易度ともに全国でもトップクラス」。思考力や表現力の育成を目指して導入された新学習指導要領を積極的に取り入れたと見られ、来春も上位校では「書く力」が合否を左右するだろう。上野氏に富山県も含め、公立入試の出題傾向と攻略法を聞いた。
◆ベテラン塾講師が伝授 夏休みはココが勝負!!
「夏休みを制する者は受験を制す」といわれる。夏にどれだけ基礎を固め、苦手分野を克服できたかで、秋以降の成績に大きな差がつくからだ。ここからは、地元学習塾のベテラン講師らが中3生向けに、夏休みの勉強法を教科別に紹介する。
——————————————————————————–
■若き女性の群像 これが私の生きる道
一途に夢追い求め、時に涙も
担い手不足に悩む業界や男性が中心の職場に飛び込み、奮闘する若き女性たちがいる。国防や領海警備の最前線で体を張り、男性と切磋琢磨して技術を高める。体力や身長、経験といったハンディも何のその。選んだ道を信じ、ひたむきに汗を流す横顔は美しく、たくましい。
好評企画

■脳神経疾患治療の最前線
切らずに治すカテーテル治療 脳卒中のリスクを回避

要介護者となる原因の3分の1を占める「脳卒中」をはじめ、脳神経を脅かす病気は数多い。金大附属病院脳神経外科では、主に大腿動脈(太ももの動脈)に針を刺して、そこから極めて細い管(カテーテル)を通して病巣を処置する、まさしく「針穴手術」とも言える治療法を駆使し、高い効果を挙げている。
——————————————————————————–
■心とカラダ 子ども救急箱
【日本脳炎】発症すれば命に危険も ワクチンで予防を
夏に気を付けたい子どもの代表的な病気の一つに、日本脳炎がある。蚊を媒介して感染するウイルス性の病気で、発症すれば死亡率は20%を超え、半数以上に後遺症が残るという。治療法が確立しておらず、唯一の予防法といえるワクチン接種を忘れずに受けておきたい。
——————————————————————————–
■おたっしゃカルテ
【肺気腫】 軽い運動でも息苦しさ 喫煙習慣が要因
せきやたんがからみ、階段の上り下りなどの運動で息切れを感じてしまう。このため、運動を行うことに恐怖心や不安感が生じ、運動を避けるようになる。すると、ますます運動不足となり、息切れがさらにひどくなる。このような喫煙者の病気を肺気腫という。完治はせず、重症になった場合は死に至ることもあるが、早期発見により進行を遅らすこともできる。
——————————————————————————–
■藍より青く
ダートコーヒー社長 水上慎太郎氏
たまたま40歳の誕生日と重なった取材当日、金沢市松島1丁目のダートコーヒー本社で社長の水上慎太郎はさわやかな笑顔でさらりと言ってのけた。
「悩み事なんてないし、ストレスもない。仕事が楽しくてしょうがない」
 思わず、「不惑だから?」とツッコミを入れたくなるほどの屈託のなさである。(続く)
読み物

■シリーズ ふるさとの森羅万象 
第8回 霊峰白山 山麓に宿る「中世宗教都市」の物語
文・細井勝事務所
日本3名山の一つに数えられる白山は、古来、水源の神や漁業の神など様々な神が宿る霊山として崇められてきた。越前の僧・泰澄が白山を開いた8世紀から、神仏分離令が出された明治元年まで、白山では神と仏が共存する宗教世界が醸成され、独自の信仰に基づく豊かな文化と精神風土が生み出された。郷土に生きる人々のあらゆる営みを描いていく「ふるさとの森羅万象」の第8回は、ユネスコの生物圏保護区に指定されるなど、国際的にも高い評価を得ている白山の自然を背景に培われてきた、信仰・文化と暮らしの智恵にフォーカスした。
——————————————————————————–
■心にあおぞら
御誕生寺住職・元大乘寺住職 板橋興宗
蒸し暑い季節がやってきました。つい、イライラしたり、だれてルーズになってしまうことも多くなりがちです。20代と30代の会社員の相談に元大乘寺住職、板橋興宗氏が回答しました。
▼相談「人と会話をするのが面倒。メールで済ませたい」(金沢市20代男性会社員)
――表現力が豊かになれば人生も深まっていく
▼相談「昔の嫌なことを思いだしイラついてしまう」(加賀市30代女性会社員)
――背筋伸ばし深く息すると自然に気持ちが落ち着く
——————————————————————————–
■教えて!ドクター 金沢医科大学
第17回 早期胃がんの診断と治療
先進医療、内視鏡と腹腔鏡の複合に挑戦

胃を最大限残し生活の質向上
 金沢医科大学病院は早期胃がんに対し、内視鏡と腹腔鏡の技術を融合した新たな診断・治療法に挑戦しています。胃を最大限に残し、術後の食生活などQOL(生活の質)向上を目指すものです。連携してハイブリッド(複合)手術の確立に取り組む金沢医科大学消化器内視鏡学の伊藤透教授と一般・消化器外科学の木南伸一准教授に詳細を教えていただきました。
【今回の回答者】
伊藤徹
金沢医科大学消化器内視鏡学教授
金沢医科大学病院内視鏡科教授(科長)
内視鏡センター部長

木南伸一
金沢医科大学一般・消化器外科学准教授
金沢医科大学病院一般・消化器外科准教授
——————————————————————————–
■オトコ、オンナを磨く 劉園英の漢方レッスン

イマドキ女子は「オス化」中!?
あごひげ、薄毛の悩みが増加
「肝腎」弱く男性ホルモン優位に

 口の周りに産毛ではなく黒く太いひげが生えた、髪の毛が薄くなった、体臭がきつくなった―。最近、こんな悩みを抱える若い女性が増えていることをご存じですか。「男らしい女」といえば、頼りがいのある、かっこいい女。でも、体まで男性化してしまったら、それはちょっと問題ではないでしょうか。今回は、女性の「オス化」ともいえるこの現象を取り上げてみましょう。
——————————————————————————–
■北陸とっておき山歩き
夜叉ケ池山(福井県南越前町・岐阜県揖斐川町)
文・柚本寿二
巨木が誘う神宿る池
鏡花が描いた幽玄の世界
 金沢の三文豪の一人、泉鏡花の作品に「夜叉ケ池」という戯曲がある。福井県南越前町にある夜叉ケ池にまつわる雨乞い伝説を題材に、自分勝手な人間の業の深さを戒めるという内容だった。
 平年なら梅雨入りしていておかしくない時期なのに、日照り続きの6月半ば、龍神が棲すむ夜叉ケ池に雨乞いに向かった。とはいえ、本当の願いは「ニッコウキスゲの群落を眺めながら夜叉ケ池山に登って、樹林帯まで引き返した頃合を見計らって一雨降って欲しい」という業の深いものだ。(続く)
——————————————————————————–
■クロダイ必釣マニュアル

スイカ釣り 曽々木(輪島市)
文・馬場源吉
動きやエサ場を予想 磯場から大型期待
クロダイはさまざまな物を食べる魚である。カニや貝、イカなどのほかに、海にはないコーンやカボチャなどでも釣れることがある。中でも条件がそろえば、大型が仕留められるという魅力的なスイカをエサに竿を出した。
——————————————————————————–
■平成を斬る 俵孝太郎 
還暦迎えたテレビ本放送
興味本位、もうろく始まる?
アナログから地デジへの転換のときの大騒ぎはおろか、少なくとも関東エリアではテレビ電波の送信を東京タワーからスカイツリーに移すテストや告知にくらべても影が薄い扱いだったが、今年は日本でテレビの本放送が始まって満60年。“テレビ還暦”の年だ。
 戦前すでに独自技術で実験段階に入っていた日本のテレビは、敗戦・占領下もNHKが実験放送をしていたし、アメリカ占領軍宿舎向けのテレビ放送もあった。(続く)
——————————————————————————–
■恋する文学 ほくりく散歩
文・秋山稔(金沢学院大学長・泉鏡花記念館長)
第20回 泉鏡花『黒百合』―富山市・上市町

恩人に恋人を託して、洪水に身を翻す
梅雨晴れの休日、泉鏡花「黒百合」の舞台、富山市と上市町を訪れた。
 鏡花は、明治22年夏から秋にかけて、富山に滞在し、塾の講師や家庭教師をした。「黒百合」は、その時の見聞に基づく。花売りの娘、雪と子爵千破矢家の若主人瀧太郎が、禁忌を犯して立山、石瀧の山中他界に咲く黒百合の採集に向かう物語で、知事の娘勇美子に黒百合採集を依頼された雪は、恋人若山の治療費を得たいという事情もあり、険しい山中に入る。一方血気盛んな瀧太郎は、冒険の手始めとして黒百合入手を志す。(続く)
ズームアップ
■外国の大型クルーズ船 金沢港に寄港ラッシュ

■誰でも撃てる?かめはめ波 高校生に「吹っ飛び」撮影ブーム
■閑静な住宅街におもちゃの家 ロケット、戦艦・・・全部からくり仕掛け
連載漫画

■「孫まごマーチ」 作・画 三山節子
■ギャグ漫画「恋と成」 作・画 東谷文仁
ホットライン

・石川で炭素繊維複合材を増産 東レ「カーボン王国」の追い風に

・失踪者、新たに男女3人が公に 石川県警 情報求めHPに8人公開
・警部が捜査費流用、しかも不倫 石川県警 行き過ぎた「情報収集」
・富大生、主要方言「知らんちゃ」 富大・中井教授が調査 「きときと」も日常使わず
・職員の“悪酔い”いつさめる? 高岡市 飲酒運転、1年余で3件

小説・エッセーほか
■ほくりく新百景 北陸新幹線白山総合車両基地

田んぼの真ん中に巨大な集積回路

■おなかとお尻のよもやま話 なかしま大腸・肛門外科クリニック

■金沢、加賀、能登の酒 早瀬圭一
■弁当忘れても愛忘れるな シナリオライター・水橋文美江
■風にゆられて 第32回 「獅子座の女」(下) 子母澤類
■片町 千一夜物語 第十七夜 「片町の猫」佐山 恵

■今月の星占い
■御供田幸子の婆ちゃんコント
■時代小説 女人天華 第二十章 「母なる者」  作者・三田薫子 挿絵・林 可耕
■花のある暮らし 東保之 「グラジオラス」
パブリシティー企画
・三谷産業
・石川県家庭教師協会
・遊学館高校

・金沢学院東高校

・北陸学院高校

・のとしん
・第85代金沢市議会議長就任祝賀会横越徹氏
・アルプに行ってみた「創立40周年新社長就任祝賀会」
・不動産とお金のスペシャリストイチローさんのなっ得対談
・北陸ミサワのMACHI TATE STYLE

・セントラルメディカルグループ
・バイエル薬品/大日本住友製薬

・片山津温泉「ながやま」に夏の娯楽が大集合
・ミニボートピア津幡でボートレース体験
・流しそうめん大滝観光
・ホテル金沢5周年記念パーティー

・プリマから指導者へ、鮮やかに転身 河村奈央子さん
・レアテック

・「いしかわ我がまちアドプト制度」が浸透中

・ズームイン川北町 子育て世代の「住みたいまち」
・ズームイン宝達志水町 交流人口の拡大を目指す
・KUMIのハッピールーム
・21世紀ベビー
情報ファイル
・おすすめコンサート
・北國新聞赤羽ホール

・イベント
・BOOK ほか